春 もきち
- 2007/03/25(Sun) -
Alb002.jpg

もきちとお花見をいったことが無かったので、写真も無し!
もきちとさくら、イラストにしてみました。

長岡ではようやく梅が七分咲き位かな?
早く桜咲かないかな~

FC2ブログランキングに参加しております。
ポチっと一押しお願いします。


スポンサーサイト
この記事のURL | もきち | CM(9) | TB(0) | ▲ top
<<サークルorゲージ | メイン | 久々更新>>
コメント
--
mokomokoさん:こんばんは
コメントありがとうございます。
もきち、幸せですよね!そうですよね~!

YOKOさん:こんばんは
コメントありがとうございます。
そちらは、桜咲いているのでしょうね!
待ち如何しいです。

naoぴさん:こんばんは
コメントありがとうございます。
こちらもようやく十度を上回る日か゛多くなりました。
今年は雪なかったけど、桜待ちどうしいです。
やっぱり春は桜ですね!
2007/03/30 21:33  | URL | もきちちさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
とても柔らかくて可愛らしいもきちくんですね~(^_^)
お花見行ったことがなくても、こんなにたくさんの
桜に囲まれて、もきちくんもきっと大満足でしょう^^

春、もうすぐそこですね。
こちらもやっと暖かくなってきました(^^♪
2007/03/27 23:18  | URL | naoぴさん #SFo5/nok[ 編集] |  ▲ top

--
私も、地震のニュースを聞いて一瞬もきちちさん思い出しました。でも、被害が無くてよかったです。
もきちちさん、素敵な才能をお持ちで、うらやまいしいです!
写真もいいですが、こんな風に心がこもった絵は人の心を暖かくしてくれます。
桜、待ち遠しいです♪
2007/03/27 20:42  | URL | YOKOさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
もきちくんとっても嬉しそうですね☆
満開の桜の中で、
楽しい思い出をいっぱい思い出してる気がします。
もきちくんはとっても幸せ者でうらやましいな(^0^)
2007/03/27 20:02  | URL | mokomokoさん #uBfUABJ6[ 編集] |  ▲ top

--
タクパパさん:こんばんは
コメントありがとうございます。
揺れたとゆうか、一瞬体が浮いた感じでした。
強風が吹いたかのかなとおもいましたが鴨居に掛けたハンガー揺れているのを見て地震だと気ずきました。
いつまでも揺れるのを見ていたら思い出しました。
地震てやですね!

デザート・ムーンさん:こんばんは
コメントありがとうございます。
こちらは今日は暖かく梅がよい香りを漂わせていますよ。そういえば黄砂も今日降りました、いよいよ春ですね~。

ララ&リリー さん:こんばんは
コメント、ご心配ありがとうございます。
市内は被害はなかったようですよ。
もきちを描いていると、色んなことを思い出します。
でも描くのが楽しみになってきました。

2007/03/26 22:22  | URL | もきちちさん #-[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/26 22:01  | | さん #[ 編集] |  ▲ top

--
こんにちは。
もきちちさんの方は、地震の影響ありませんか。
私も、タクパパさんと同じ、そちら方面は確か
もきちちさんと思い、心配しました。
もきちくんこの絵喜んでますね。
私も、もきちくん思い出して胸が熱くなりました。
もきちちさんごめんね(涙)
きっともきちくん天国から桜を見てますね~。
2007/03/26 15:13  | URL | ララ&リリーさん #HfMzn2gY[ 編集] |  ▲ top

-絵の中での、お花見……-
もきち君も、喜んでいますネ、きっと……。
 こちらは、庭の梅が開きかけています。
桜は、4月中旬になるかも……。
 また、お邪魔します!(ポチン。)
2007/03/26 13:30  | URL |   デザート・ムーンさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
もきち君の雰囲気有りますね。 淡い水彩画が 春のイメージです。
長岡 揺れませんでしたか? 地震のニュースを見て最初にもきちちさんを思い出しました。
2007/03/26 08:03  | URL | タクパパさん #xEXxDlDY[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mokitichi.blog72.fc2.com/tb.php/180-75771b9a
| メイン |